バンクシー展 天才か反逆者か(大阪南港ATC gallery)に行ってきました

スポンサーリンク

バンクシー展 天才か反逆者か 大阪南港ATC galleryにて開催中

2020.10.9fri-2021.1.17sun 大阪南港ATC Galleryに開催中。

11月3日(火・祝)12:30~13:00の日時指定のチケットを事前購入して行ってきました(混雑時は待ち時間が発生する可能性があるので事前購入がおすすめらしいです。30分単位で入場時間が区切られています)

祝日だったので人は多いほうだったのかなと思います。映像があったり立ち止まる場所が重なりますが、順路などはなく自由に見て回るので特に気にならない範囲でした。

アプリのダウンロードで無料ガイドが聴けます

イヤホンを持参しましょう。ひとつひとつ解説が聴けます。長いもので6分とかあるので全部聞きながら回ると2~3時間かかるかも?!私は飛ばし飛ばし聴くくらいの感じで進みました。

スマホ画面↑セーブ・オア・デリート 「森林を救うためバンクシーとのコラボレーション、ポスターなどを制作したが、法律紛争で・・・」云々の解説が聴けます。

法律ギリギリとういかアウト?!

バンクシーの作品は社会風刺や政治的メッセージが込められているので、その意図を(ガイドで)知ることでいろいろと考えながら見ることができました。

それがどういった背景のもとでどこに描かれたなどを解説、その意図は「・・かもしれません。またあるいは・・」といったヒント(?)で、考えさせられるパターンのガイドだったりします。

路上に描かれたバンクシー作品はすぐ消されがちなため原画を見ることは難しく、複数の個人コレクターの協力のもと開催されたとのことです。

路上に描かれたものは画像や映像で展示されています。

図録を購入しました↓

表紙が赤と白、2種類あります。

もう一度見てゆっくり考えます・・。

平日アフターファイブチケットが11月も継続されました。

平日17時以降入場のチケット¥1000です(土日祝は¥2000、平日¥1800)。『トレードセンター前駅』下車直結なので大阪(梅田)から30分くらいなので、学校や会社の帰りにも行きやすいと思います。

バンクシーっていったい何者?天才か反逆者か・・なぞは深まるかもしれませんが、いっそう興味深くもなると思います。